So-net無料ブログ作成

薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」(座長=寺野彰・獨協医科大学長)は3月30日、報告書の取りまとめに向け最終会合を開き、約2年に及ぶ議論を終了した。報告書は、医療現場、医薬品行政組織、製薬企業など、それぞれの課題を列挙し、厚労省をはじめ政府全体で迅速かつ真摯に実現に取り組むよう求めている。最終会合での議論を踏まえ、寺野座長と厚労省で文言修正を行い、長妻昭厚労相に提出する。

 医療機関・薬局、医療関係者については「医薬品の使用に係る安全確保において重要な役割を担っていることについて、一層認識を高める必要がある」と明記。チーム医療を推進して安全対策を講ずることや、医療機関は薬剤師を増員し、病棟に質の高い薬剤師を常駐配置する努力を推進する必要性などを示した。
 また、医薬品に対する認識を高めるため、医学部・薬学部・看護学部のコアカリキュラムや、国家試験の問題作成基準の見直しを含めた検討を行うべきとした。

 厚労省と医薬品医療機器総合機構(PMDA)の一元化など、医薬品行政の組織形態については結論を出すには至らなかったが、その活動を監視・評価する第三者組織について、▽目的と特性▽機能▽位置付け▽委員および事務局―などを詳細に示した。

 一方、製薬企業が取り組むべき課題としては、▽臨床試験の公正を図るための諸制度の充実▽薬剤疫学的手法を取り入れた個別医薬品に応じた適切な市販後安全対策の実施▽積極的情報公開▽添付文書の在り方の見直し▽患者とのリスクコミュニケーションの促進と広告の在り方の見直し―などを挙げた。

 最終会合では長妻厚労相があいさつし、「長年の議論を真摯に受け止め、実現に向けて努力していきたい。そのことで、厚労省としても国民に奉仕する役所に生まれ変わることができると考えている」と述べた。


【関連記事】
第三者組織WGの取りまとめ案を了承―薬害再発防止検討委
第三者組織の検討結果を取りまとめ―薬害肝炎WG
医薬品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を公表―厚労省検討委
第三者組織の「目的と特性」「権能」など了承−薬害肝炎WG
第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委

【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)
「黒澤明記念館」伊万里市が期限付き再締結へ(読売新聞)
<自民党>谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け(毎日新聞)
<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も(時事通信)

財政再建目標、法案化も=中期フレームと同時並行で−菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は23日の参院財政金融委員会で「財政健全化の道筋を法律という形にして国会で議論してもらうのも一つの道だ」と述べ、中長期の財政再建目標の法案化を検討する考えを示した。先進国最悪の財政を健全化するためには、法案化による一層の取り組みが必要だとの認識を示したものだ。荒木清寛氏(公明)への答弁。
 法案化の具体的作業について、菅財務相は「中期財政フレームと並行して検討する」と表明。政府は6月までに財政規律のあり方を示す「中期財政フレーム」と「財政運営戦略」を策定する方針で、法案では同フレームなどに盛り込まれる見通しの国内総生産(GDP)に対する債務残高比率などの数値目標が明確化されるとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

生方氏の解任撤回 小沢氏「職務に全力を挙げてくれと…」(産経新聞)
「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
シニア世代の男性はスーパー好き?(産経新聞)
阿久根市長、同じ職員を2年連続さらに降格(読売新聞)
神崎、坂口両氏引退へ=衆院任期前に−公明(時事通信)

出馬辞退の前田日明氏「話が違う」民主党に激怒(スポーツ報知)

 今夏の参院選に関し一度は民主党から「公認内定」を得たが、3日に発表された第1次公認候補から外れた元格闘家・前田日明氏(51)が23日、出馬辞退に追い込んだ同党への怒りをぶちまけた。24日には都内で会見し、小沢一郎幹事長(67)をはじめ同党との確執など、出馬辞退に至った理由をすべて語る。

 前田氏はこの日、都内で映画の試写会に出席後、取材に応じた。「明日の会見で事実を包み隠さず話してやりますよ」。持ち前の渋い声でそう前置きした後、明日まで待てないと言わんばかりに、1時間以上にわたり民主党批判を展開した。

 民主党は昨年12月末、今夏の参院選の候補内定者の1人として前田氏を発表。だが、今月3日の第1次公認発表では、内定者11人中1人だけ公認されなかった。前田氏は2月下旬、民主党の松木謙公衆院議員(51)を通じ、小沢幹事長に対して出馬辞退を申し出たという。

 辞退の理由については、鳩山内閣が推進する永住外国人への地方参政権付与法案に反対の姿勢を示した前田氏と民主党の間で認識の違いがあったことを挙げた。同法案について、民主党内でも反対派は少なくないが「選挙の応援演説のときにガンガンしゃべったけど『選挙にさしさわるのでやめて』って怒られた。ありえない話」とまくしたてた。

 また、内定当初に約束されていた、選挙活動時の党からの資金援助を取りやめられたことも挙げた。「選挙で全国をまわるには2〜3億円かかる。党から出してくれるって言われていたのに、最初の話と全く違うんだよ」と怒りをあらわにした。

 小沢幹事長は、前田氏の公認見送りについて、今月3日の定例会見で「前田なにがしにつきましては、いろいろ本人の認識のことやら何やらありましたので、今回は見送り」と説明。その後も「選挙を進めるにあたって、お互いの認識が若干違っていた」とも語っていた。前田氏は「小沢さんと会ったのは2回。どちらもたった3分くらい。今後、もう民主党から政界に出ることはないと思う」と鋭い目で話した。

 それでも、今夏の参院選への出馬断念は明言しなかった。他党からの出馬打診については「いまのところ、話はまだない」。親交が深い鈴木宗男代表(62)の新党大地との連携には「いいけど、民主党と手をつないでる人たちとはどうなのかな」と難色を示した。

 24日に都内で会見を開き、同党との確執など出馬辞退に至った真相を語る。

 【関連記事】
民主党が生方氏解任を撤回
民主党執行部批判の生方副幹事長を23日に“解任”
小沢氏に批判的な民主党の生方副幹事長を解任へ
小沢氏は進退検討を…前原国交相が発言

都の「2次元児童ポルノ」規制条例案が全会一致で継続審議(産経新聞)
業過致死容疑で工場長ら書類送検へ 姫路エレベーター事故(産経新聞)
<普天間移設>23日に協議 政府案まとめ目指す(毎日新聞)
<地方分権>改革推進委、実質的な活動終了(毎日新聞)
両陛下が「神馬」をご覧に(産経新聞)

大阪のマンション玄関に遺体、殺人容疑捜査(読売新聞)

 23日午前3時頃、大阪市天王寺区寺田町2のマンション1階の玄関で、「男性が血を流して倒れている」と119番があった。

 救急隊員が駆けつけたが、男性はすでに死亡していた。

 腹部に傷があることなどから、天王寺署は殺人容疑で捜査を始めた。

 発表によると、男性は60歳ぐらい。

 現場はJR大阪環状線・寺田町駅近く。

鳩山政権半年、職ない・保育所足りない・期待なし(読売新聞)
配偶者暴力、過去最多=5年前の2倍に−ストーカーも最多更新・警察庁(時事通信)
<訃報>前川八郎さん97歳=プロ野球巨人の最高齢OB(毎日新聞)
イチから分かる!「不正資金提供事件」北教組裏金の源流は税金(産経新聞)
開星高教諭、女子トイレ侵入で逮捕=ビデオに自分写り発覚−島根県警(時事通信)

7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77−感染研(時事通信)

 1日から7日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり0.77人で、流行入りの目安となる「1」を下回ったことが12日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。昨夏の流行開始以来、1を上回る状況が29週続いていた。
 インフルエンザ患者は昨年8月中旬に定点当たり1を突破。11月下旬にピークを迎え、例年の流行シーズンである1、2月には減少傾向となっていた。 

【関連ニュース】
インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か-09年患者激減、「排除」へ正念場
インフル患者、減少続く=週推計7万人
10道府県で流行目安下回る=インフル患者、4週連続減
インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る

<沖縄密約>無利子預金調査 説明責任、果たせず 行政のずさんさ露呈(毎日新聞)
<ウインターラフティング>尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)
大阪市立斎場で職員の半数が「心付け」受領(産経新聞)
<埼玉県警>採用ポスターの表現 陸上自衛隊の商標権を侵害(毎日新聞)
たまゆら火災 発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず(毎日新聞)

民主・輿石氏、核密約認定は「政権交代の成果」(産経新聞)

 民主党の輿石東(あずま)参院議員会長は10日午前の参院議員総会で、外務省の有識者委員会が核の持ち込みに関する日米間の「密約」を認めたことについて、「政権交代の成果の一つだ」と自賛した。

 また、廃止した党政策調査会に代わる議員政策研究会の設置が決まったことについて、「政策研究会という形で(党内の)不満を吸収していこうと役員会で決定した」と報告し、党所属議員の間で政策決定に関与できない不満が高まっていたことを認めた。

【関連記事】
「日米関係に影響ない」 密約問題、米政府は静観の構え
「密約」報告書 非核三原則の見直し図れ 検証を同盟の未来に生かそう
ギリギリの交渉 72年のニクソン−佐藤会談
核密約を追認?否定? 鳩山政権の「軽さ」象徴
密約暴くことが目的? 非核三原則見直さず
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

老舗七味唐辛子に異物混入=「八幡屋礒五郎」、27万個回収−長野(時事通信)
東北の歯科技工士、嘆息 薄利と長時間労働で若手離職(河北新報)
大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)
殺人容疑 2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
パフォーマンス警戒?姿見せず元船長を移送(読売新聞)

週の新規入院患者、百人下回る―インフルエンザ(医療介護CBニュース)

 インフルエンザで新たに入院した患者数が、2月24日-3月2日の週は42人で、前週より61.5%減り、7週連続の減少となったことが10日、厚生労働省のまとめで分かった。同省健康局結核感染症課の担当者によると、週の新規入院患者数が100人を下回ったのは、「8月の上旬から中旬にかけての週以来」という。

 また、3-9日に新たに入院した患者数は速報値で18人で、2月24日-3月2日の速報値38人より少ない。

 一方、2月28日-3月6日に休校などの措置を取った学校数は124校で、前週より55.7%減り、6週連続の減少となった。


【関連記事】
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加
インフルでの入院、6週連続で減少
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏
インフル対策、当面は実施継続―厚労省

<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
「隠し撮り」アカデミー賞映画ベースに 「反イルカ漁」テレビ番組も決定?(J-CASTニュース)
兵庫の死亡園児、「揺さぶられ」で脳に障害か(読売新聞)
「頭を動かさない方がいい!」警察官に言われた被害者は… 秋葉原殺傷(産経新聞)
再開へ、準備進む「もんじゅ」=原子力機構が内部を公開−福井(時事通信)

「これも行政刷新の仕事の一つ」 枝野大臣記者会見をオープン化(J-CASTニュース)

 枝野幸男行政刷新担当相は2010年3月4日、記者クラブに所属していない記者も対象にした「オープン記者会見」を始めた。原則として毎週1回、木曜の夕方に内閣府の会議室で会見を開く。外務省、金融庁、総務省と続いてきた大臣会見オープン化の波がさらに広がった。

 初回のオープン会見には、フリーやネットメディア、業界紙の記者も含めた約80人のジャーナリストが参加。質疑応答は、ニコニコ動画でネット中継もされた。

■開催場所も内閣府の会議室

 会見冒頭、枝野担当相は

  「(2月10日の)就任時から、行政をできるだけ透明にすることが、行政刷新の主な仕事の一つであると思っていた。昨年秋の事業仕分けもフルオープンにしたことで多くの人に関心をもってもらった。(この会見にも)多くのみなさんに参加していただいて、行政刷新の仕事について、いろいろな角度から国民のみなさんに伝えていただければありがたい」

と「会見オープン化」の狙いを説明した。

 これまでも大臣会見は、閣議のある火曜と金曜に国会内などで開かれてきた。しかし記者クラブ主催のため、クラブに所属しているメディアでなければ参加できなかった。今回は枝野担当相が自ら別の曜日に会見を設定し、開催場所も内閣府の会議室とすることで、フリーやネットメディアの記者も参加できるようになった。

 会見では、4月以降に実施される事業仕分け第2弾についての質問のほか、記者会見の運営についての質問や要望が出た。

■会見録での質問者の名前を公開

 ネットメディア「マガジン9条」で連載コラム「永田町記者会見日記」を執筆しているフリーランスライターの畠山理仁さんは

  「火曜・金曜の記者クラブ主催の会見も、フリーの記者にオープンにしてほしいと(記者クラブに)要望したか」

と質問。枝野担当相は

  「最初は全部の会見をオープンにできないかと指示したが、いろいろ調整してもらった結果、こういう形になった。たしかに閣議後会見にも参加したいという気持ちは分かるが、こういう形がまず実現できたので、できるだけ十分な時間をとって質問に答えられるようにしたい」

と回答した。そのほか、フリーのジャーナリストからは「フリー記者による動画中継」や「会見録での質問者の名前の公開」の要望が出たが、いずれも枝野担当相がその場で承諾した。会見終了後、畠山さんは

  「枝野大臣が就任1か月以内でオープンな会見を実現したのは評価できる。このようなやり方ならば、記者クラブの意向とは関係なく会見をオープンにできるわけで、ほかの大臣たちはいったい何をやっているのかと思う」

と話していた。


■関連記事
「記者クラブはつぶしたほうがいい」 ネット中継討論会もりあがる : 2010/03/01
記者クラブに開放断られて 亀井氏「もうひとつの記者会見」断行 : 2009/10/06
東京地検の記者会見 なぜ記者クラブ以外は入れない : 2010/02/02
「食べログ」書籍化第2弾!東京・横浜の352軒を紹介 : 2010/03/04
浅田真央が銀メダル あの出来でこんなに点差が? : 2010/02/26

高等専修学校は対象に=高校無償化で−川端文科相方針(時事通信)
税額控除導入を本格検討=寄付税制改革の主要論点に−政府(時事通信)
川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)
<窃盗>勤務先から缶ビール864ケース 愛知(毎日新聞)
新たに男ら逮捕、首謀格か=4200万強盗容疑−警視庁(時事通信)

盗難トラック、スーパーに突っ込む…ATM狙う?(読売新聞)

 6日午前3時20分頃、札幌市南区石山2の9のスーパー「マックスバリュ石山店」に、トラックがバックで突っ込んでいるのを、警報で駆けつけた札幌南署員が見つけた。

 運転手の姿はなく、トラックはガラス張りの出入り口を突き破り、約10メートル入ったところで止まっていた。

 出入り口近くには、現金自動預け払い機(ATM)があり、同署はATMを狙った可能性があるとみている。ATMは盗まれておらず、壊そうとした形跡もなかった。

 トラックは、同市北区の会社駐車場から盗まれたものだった。

 同店は午後11時までの営業で、当時は従業員はいなかった。

愛子さまが6日ぶりご登校(産経新聞)
愛子さま、早くお元気に=鳩山首相(時事通信)
刑務官8人を不起訴=腹痛訴えた受刑者死亡−大津地検(時事通信)
<北教組事件>会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず(毎日新聞)
<上申書保険金殺人>元ブローカーの無期懲役確定へ(毎日新聞)

<トラック衝突>運転手2人死亡 岐阜・下呂(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。